2004年4月

4月3日(土)

昨日でフェルミエのペルプは終了したが、午前、田崎先生に御挨拶がてら三越へ行く。

相変わらずワインセミナーは好評のようだ。

催事にはあの石鍋シェフプロデュースのベトナムアリスというレストランも出店されていた。

前から気になっていたのでここでランチ。美味しい!

エスニック好きの私を十分満足させてくれた。

札幌にもあるといいのに…。

夜は洞爺湖温泉へ移動、洞爺湖銘酒祭りのお手伝い。

催事のため札幌へ来ていた本間るみ子さんをお誘いしたら、

義理のご両親と娘さんといらしてくださった。「るみ子の酒」の蔵元さんや、

ソムリエ協会北海道支部の久保支部長をご紹介した。楽しんでもらえたかな~。

本当は日本酒ブースを担当したかったが、ワインブースにソムリエが必要とのことで、そちらに回される。

4月4日(日)





昨日のイベントに参加された蔵元さん達と一緒に札幌へ移動。

今日は京王プラザで札幌銘酒祭りだ。

今日はワインブースはないので、
私も日本酒ブースを手伝う。200名以上のお客様が集まり、
イベントも好評で大変盛り上がる。

焼酎に押され気味の日本酒だがこんなにファンがいるなら大丈夫。

2日間に渡ったイベントのお疲れさん会は朝まで続いた。蔵元さん達はすごくタフだ。

でも、これが一番疲れたかも…。
4月5日(月)

皆さんハバナという店をご存知だろうか?

サルサを踊る人ならよく知っているだろう。

実はここのオーナーの梶原さんはかなりの日本酒通。

以前はよく日本酒の勉強会も開いていた。

今日はこちらの「扶桑鶴を飲む会」に参加。

島根の鮎も取り寄せて楽しむ。

日本人で良かったと思うひととき。
4月10日(土)

 



今日はワイン会へ出席。

DRCが造ったオート・コート・ド・ニュイ(‘98、’99)と
ボーヌ・ロマネを飲む。
 

4月13日(火)

道産ワイン懇談会とソムリエ協会北海道支部共催の「道産ワインの夕べ」に参加。

大手、中堅7社がブースを出していた。

北海道新聞の「気になるトレンド」という記事にも書かせてもらったが、

道産ワインはかなりレベルが上がって来ている。

ブティックワイナリーと言われるような
小規模醸造所のワインも侮れない。

ぜひ一度お試しを。
 

4月15日

北海道国税局主催の道産日本酒利き酒会へ行く。

利き酒クイズはもちろん満点。

3種の日本酒のアルコールの高低を問うものと、

3種の日本酒の甘辛を問うもの、最後が4種の日本酒を普通酒、
純米、本醸造、吟醸と利き分けるもの。

最後の問題は北海道の日本酒の特性を知らないと間違う人も多いだろう。

別室にて行われる宴会(?)では純米酒を中心に利き酒をして来た。
えへへ。

北海道の純米はあっさりしているとの評価が多いが、
なかなか飲み応えのあるものも増えて来た。

個人的にはワインに似ず、焼酎に似ず、
米の甘みを十分に生かしたコクのある、
どっしりした日本酒が好きですねえ。
 

4月17日

今日はベジタブル&フルーツマイスター協会のジュニアマイスター
(いわゆる野菜のソムリエってやつ)の講義を受けに行く。

東京だ!

これで堂々と東京へ遊びに、
じゃなくて勉強しに行ける。

タレントの長谷川理恵のようにジュニアマイスターに合格して
北海道マラソンで走るのが私の夢…、な訳がない。

私は一緒に飲みに行った人はご存知と思うが、野菜・果物は嫌いだし、
スポーツもしない。受講の動機は長生きしたいからなんとか野菜と果物を好きになりたい、
不純かもしれないが…。今日の講義はコミュニケーションの話。

マイスターとして野菜果物の伝道師として必要なバーバル、
ノンバーバルなコミュニケーションの方法を学んだ

。講師の先生がきれいな女性だった。なにを学んで来たんだか…。(笑)
 

4月18日(日)

児島塾開講日。

東京で13年間受験対策講座をやって来た
児島さんの初めての地方分校だ。

受験生は7名と少ないが、皆、初めて逢った児島さんの人柄に感動。

あっという間に結束し、1期生全員合格を誓っていた。

児島さんの人柄もさることながら1期生もみな純粋で良い人ばかり。

もっとこういう人たちが増えて札幌のワイン業界が明るくなればいいな~、と願うのみ。
 

4月22日(木)

チーズアドバイザー講座1回目。今日の講師は
(有)牧家(ぼっか)の山本氏。教室内で2種類のチーズ作りに挑戦。

普通のパック牛乳を沸騰させそこに
プレーンヨーグルトを入れて混ぜるとみるみる固まる。

これが酸凝固。

味は甘くて、ミルクやヨーグルト単体よりもずっと美味しい。

もう一つは(自称)低温殺菌牛乳で38度くらいまで暖めて、
凝乳酵素レンネットを入れる。こちらは残念ながら固まらず。

ミルクを殺菌する際、65度以上少しでも温度を上げてしまうと、
タンパク質が熱変成を起こして、レンネットを入れてもミルクが固まらなくなってしまう。

やっぱり市販の牛乳では無理だったのかな~。

あとは道産チーズの食べ比べ。

いろいろなチーズ作りの技術を学んだ。
 





4月23日(金)

プロバンサル・キムラというフレンチレストランの1周年記念ディナーへ行く。

ご夫妻でやっているレストランでアットホームな雰囲気がとても心地いい。

ご主人はフランスはもとよりジャンティオムでも修行経験がある本格派フレンチシェフ。

プロバンサルの名の通り、ここのブイヤベースは絶品!

ジャンティオムのメニューからブイヤベースがなくなったのは
木村シェフが独立したから…、というのもうなずける。

4月24日(土)

ベジフル講座で東京へ。
今回はタマネギとレタスとイチゴ、
それぞれ3種のテイスティングがあった。

味わい等、いろいろ分析項目があるのだが、
どうすれば一番美味しく食べられるか、
料理法まで策定しなくてはならないのが大変だ。

4月25日(日)

児島塾のテイスティングの日。

すでにJSAの資格を持っている人がブラッシュアップとして参加。

やはりちゃんとした指導者がついてのテイスティングは違う。

何のためにテイスティングをするのか、何をどう評価するのか理解していないと、
美味しいか、不味いかで終わってしまう。
それじゃワインがかわいそうだ。